きれいな外観をDIYで

きれいな外観をDIYで

最近は、DIYが人気を集めていて、エクステリアも作られる方がおられます。
エクステリアとは、家の外構のことで、門や塀、駐車場、ガーデン、などの事を表します。
こだわり派でプロ級の腕を持っている方は、自分でDIYで作った方が、好きな物が安く作れるからと、業者に頼まずに、エクステリアの全てを週末ごとに自分で作る方もおられます。
しかし、初中級者の方は、まずは、小さな作品からという事で、花壇を作られる方が多いです。
レンガは、床に敷き詰める用の物と、花壇のように積み上げて使う物とで、商品が変わります。床用は軽いですが、積み上げ用は大変重たいですし、数も必要ですので、ネットで買うと便利です。花壇は、レンガを置き、モルタルを敷き詰めて作りますので、重たいレンガを一つずつ積み上げるのは、中々の重労働です。DIY初心者で、難しい作業は苦手という方には、コンクリート製のレンガパーツがあります。
レンガが10個くらい積み重なっているパーツを組み合わせると、花壇が完成する商品で、モルタルも必要ありませんし、模様替えも簡単に出来て便利です。
リアルな重厚感が、エクステリアを豪華に演出し、庭作業をした達成感も生まれます。

感性を身につけて、エクステリアの計画をしよう

エクステリアとは建築物の外装の事を言いますが、一般的には住宅に付随している門、塀、フェンスであったり、敷地境界から住宅の出入り口までのアプローチ部分及び駐車場を指す場合が多いです。
住宅を新築した際にアプローチや門、駐車場の整備をする方が殆どで、最近ではハウスメーカーに依頼するのではなく、専門の業者に依頼する場合も多くなっています。そのデザインも時代と共に変化しており、新しい住宅地を歩くと和風の物からヨーロピアン調、アジアン系のデザインまで様々な種類があり、通る人を楽しませてくれます。
昔は石や木材を使用する事が多かったようですが、最近はレンガやアルミ製品、タイルといった工業製品を使用してデザインしている方も多いです。
また、敷地周囲を生垣や塀で取り囲み、敷地境界には門扉が付いているクローズタイプのお宅もあれば、門扉はなく、誰でも入っていけるようになっているオープンタイプもあります。
しかし、オープンタイプのエクステリアでも玄関前には門塀があり、インターフォンやポストなどがある場合もあります。住宅地によっては木を数本植えなければならないといった特殊な決まりごとを作っている区画もあり、住人の快適性だけでなく、環境にも配慮したデザインになっている事も多いです。
最近では専門業者のホームページに施工例の写真が掲載されていますし、エクステリアの専門雑誌も書店に並んでいます。住宅を新築する際にはそういった物に目を通し、自身のデザイン力や感性を磨いて計画をすると、他にはない自分だけのデザインで建築する事により近づけます。

おすすめWEBサイト 5選

日本犬保存会が主催する展覧会で多数の受賞に輝く少数精鋭の兵庫にある柴犬専門店です。

柴犬 子犬

全品25%OFF!人気のアディダスやナイキなど有名ブランド商品正規取扱店。

フットサルユニフォーム

医学論文翻訳に特化した医学論文専門翻訳会社です

医学翻訳

レコード買取、CD買取します。レコード買取15年の実績で誠実査定。

レコード 買取

腰痛・骨盤でお悩みの方、車の運転をする方におすすめの高機能クッション【Mission-Praise】のご紹介です。

車 クッション

2016/6/30 更新


トップ先頭へ▲